アクセス
サイトマップ
文字サイズ
  • 標準
  • 拡大

食中毒菌などの話

TOPに戻る

黄色ブドウ球菌食中毒

特徴

人や動物の皮膚や鼻腔など広く自然界に分布します。手指の化膿創やニキビなどには必ずいますが、健康な人でも鼻や髪の毛、皮膚などに2~4割の割合で保菌しています。分裂する際に毒素を産生し、一度作られた毒素は加熱(100℃30分)にも耐えます。食中毒は、この毒素により起こります。

潜伏時間

原因となる食品を食べてから、1~5時間、平均3時間程度で発症します。

症状

突然の吐き気と嘔吐や腹痛、下痢を起こします。

原因食品

調理する人の手指から、この細菌が食品につくことが原因になることが多いので、手指を使用するおにぎり・サンドイッチ・弁当・和洋生菓子などの様々な食品が原因になります。

予防法

  1. 調理前にはよく手を洗います。
  2. 手指に傷があるときには、できる限り調理しない。傷口を覆って使い捨てゴム手袋装着。
  3. 調理中に髪の毛や顔などに触らない(顔にかかる髪の毛はまとめる、三角巾等装着)。
  4. 下ごしらえから、調理、食べるまでの時間はなるべく短時間にします。
  5. 常温放置が長時間となった原材料・食品は廃棄します(再加熱による再生はできません)。
  6. 調理器具の洗浄・殺菌を十分に行います。

関連リンク

食品安全委員会ホームページ(黄色ブドウ球菌ファクトシート)