アクセス
サイトマップ
文字サイズ
  • 標準
  • 拡大

食品を安全にする5つの鍵 -食品をより安全にするための5つの鍵マニュアル-

食品を安全にする5つの鍵

WHOが発表した「食品をより安全にするための5つの鍵」をご存じですか?
私たち一人一人が食品を安全に取扱うための意識を向上させることが大切です。

  1. 清潔に保つ
  2. 生の食品と加熱済み食品とを分ける
  3. よく加熱する
  4. 安全な温度に保つ
  5. 安全な水と原材料を使用する

※ここでは、簡単に概要を紹介します。

1.「清潔に保つ」

正しい手洗い、まな板・包丁など調理器具の洗浄・消毒、防虫・防ソ(ネズミ駆除)で、細菌やウイルスなど微生物を食品に「つけない」

2.「生の食品と加熱済み食品とを分ける」

異なる食材を分けて取り扱う
まな板・包丁は加熱済み食品用など用途別の区別を!

3.「よく加熱する」

加熱が必要な食品はよく加熱しましょう
調理済み食品もよく再加熱を!!

4.「安全な温度に保つ」

調理済み食品を室温に二時間以上放置しない
温かいものはあたたかい状態で。冷たいものは冷たい状態(冷却)で。

5.「安全な水と原材料を使用する」

野菜や果物など生で食べる食材をよく洗いましょう。
消費期限をすぎたものは食べないようにしましょう。

ダウンロード

食品をより安全にするための5つのKEY(鍵)のポスターとマニュアル(日本語版)は、下記(国立医薬品食品衛生研究所)よりダウンロードください。
http://www.nihs.go.jp/hse/food-info/microbial/5keys/who5key.html