アクセス
サイトマップ
文字サイズ
  • 標準
  • 拡大

特別会員制度について

昭和22年、わが国において食品衛生法が制定され、それに伴い「飲食に起因する中毒、感染症及びその他の危害の発生を防止し、食品の質の向上を図り、食品等事業者及び消費者に対し広く食品衛生思想の普及啓発を行い、もって公衆衛生の向上及び増進に寄与すること」を目的として昭和23年11月に当協会が設立されました。

以来、当協会は全国組織を通じ、食品等事業者に対する食品衛生の向上や自主管理体制の確立のための食品衛生指導員活動、食品等の試験・検査業務、食品等事業者の経営の安定と被害者救済のための食品営業賠償共済の推進、

また、食品衛生思想の普及・啓発のための各種講習会の開催、食品衛生図書等の販売、消費者に対する情報提供と相談等、各種事業を行っております。

当協会におきましては、この趣旨にご賛同いただいた業種別団体、食品関連企業を対象に昭和30年に特別会員制度を設け、現在、200社(会)以上が加入されており、特別会員の皆さまに対しましては、別項に掲げる特典を有効にご活用いただいております。

つきましては、この特典を貴社(会)の業績向上の一助としてご活用いただきたくお願い申し上げます。今後も、特別会員の皆さまのお役にたてるよう努力してまいりますので、ぜひともこの機会にご加入下さいますようよろしくお願い申し上げます。

加入申込み方法

下記「特別会員加入申込書」に必要事項を記入のうえ、会社案内、定款、財務資料等を添付し、当協会総務部までご送付下さい。

〒150-0001 東京都渋谷区神宮前2-6-1 
公益社団法人 日本食品衛生協会 総務部 宛

特別会員加入申込書

年会費

年会費 96,000円

※年会費は毎年4月に請求させていただきますが、年度途中の入会の場合は、月割で請求させていただきます。なお、個人会員の加入申込み方法及び特典については、当協会総務部までお問い合わせ下さい。