アクセス
サイトマップ
文字サイズ
  • 標準
  • 拡大

“HACCPに基づく衛生管理”

農林水産省補助事業『HACCP導入に関する研修会(eラーニング+集合研修等) 』のご案内(輸出事業者等支援)

 当協会では、農林水産省補助事業(輸出施設認定加速化等支援事業)を受託し、食品製造事業者を対象とした研修会を全国で実施することとなりました。

 本事業は、製品を輸出するうえで必須となる一般衛生管理(食品取扱環境の衛生管理)及びコーデックスHACCPについて、講義及び演習を通じて習得いただけるものとなります。

 また、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、一部でeラーニング等を活用した講義を導入いたします。
 これら研修会を通じ、HACCPの制度化に対応するとともに、自社製品の取引拡大等のため、ぜひご活用ください。

※ 新型コロナウイルス(COVID-19)感染防止の観点から、集合研修につきましてはライブ配信に変更させていただく場合がございますので、予めご了承ください。また、開催の際は、会場内の消毒や事務局の健康確認等、十分に予防対策は講じますが、受講者の皆様におかれましても、マスクの着用や手洗いの徹底・健康確認等に、ご協力お願いいたします。

(1)一般衛生管理に関する研修会

  一般衛生管理(食品製造環境の衛生管理)を習得するための研修会は、東京サラヤ株式会社にて実施いたします。詳しくはこちらをご覧下さい。

 

(2)HACCP導入に関する研修会

(以前掲載していました3日間のHACCP研修は、開催形式を変更いたしました。)

1 研修会の目標

 本研修会では、輸出を目指す事業者がコーデックスHACCPのガイドラインに基づき、自社のHACCPプランや記録様式の作成ができ、円滑な運用につなげることを目標とします。

2 受講要件

  • 輸出を目標とし、一般衛生管理に関する研修会並びに同等の研修会を受講、または実務経験を有する方
  • 期間内にeラーニングの受講及び集合研修に向けての演習の予習が可能であり、かつ集合研修に参加できる方

※お申込状況によっては、一社につき一名に受講者を厳選していただく場合がございます。予めご了承ください。

3 受講の流れ

申込 お申込みは「5 研修会日程、申込期間等について」からお願いします。お申込み後、ご登録いただいたご住所にeラーニングのテキストを送付いたします。
申し込み締め切りまでに、お申し込みください。
eラーニング ログインID、パスワードをご入力の上、eラーニングを受講ください。
eラーニングは各40分間×12講座あり、講座毎にテスト(理解度アンケート)があります。
eラーニング受講期間内に、eラーニングの受講を終了させ、講座毎のテストに合格いただく必要があります(終了していないと、集合研修は受講できません)
また、eラーニング終了後、演習題材を送付いたしますので、集合研修までに予習してきてください。演習題材については、eラーニング終了後、改めてご案内いたします。
集合研修 所定の時間に会場にお集まりください。体調のすぐれない方や、平熱時よりも高熱の方の参加は、ご遠慮ください。
当日は予習内容を基に、講義・演習を行い、発表いただきます。
新型コロナウイルス(COVID-19)感染防止の観点から、開催形式をライブ配信に変更させていただく場合がございますので、予めご了承ください。

4 カリキュラム

形式 講座 講師
eラーニング
40分×12講座
1 :HACCPとは、用語および定義
2 :ハザード-1 (微生物について)
3 :ハザード-2 (ハザード全般について)
4 :一般衛生管理と準備段階
5 :ハザード分析
6 :CCPの決定
7 :CLの設定
8 :モニタリング方法の設定
9 :改善措置方法の設定
10 :検証(妥当性確認と検証)
11 :検証(検証の必要性)
12 :記録の付け方
(公社)日本食品衛生協会
    学術顧問  荒木惠美子
演習の予習 ハザード分析、HACCPプラン等の作成 eラーニング終了後、各自予習
集合研修 10:30~ 開講
講義、演習(ハザード分析、HACCPプラン等)、発表
~17:30 閉講予定 
(公社)日本食品衛生協会
    学術顧問  荒木惠美子

5 研修会日程、申込期間等について

定員:集合研修 各日30名(開催地1か所につき30名×2日 60名)

集合研修
開催地
eラーニング受講期間 集合研修 日程 集合研修 会場 申込期間
広島① 令和2年7月1日(水)~
令和2年10月1日(木)
令和2年10月5日(月) ワークピア広島
(広島県広島市南区金屋町1-17)
令和2年6月10日(水)~
令和2年9月4日(金)

>> お申込みはこちら
広島② 令和2年10月6日(火)
仙台① 令和2年7月8日(水)~
令和2年10月8日(木)
令和2年10月12日(月) ハーネル仙台
(宮城県仙台市青葉区本町2-12-7)
仙台② 令和2年10月13日(火)
東京① 令和2年8月5日(水)~
令和2年11月5日(木)
令和2年11月9日(月) ビジョンセンター永田町
(東京都千代田区永田町1-11-28)
令和2年7月1日(水)~
令和2年10月9日(金)

>>お申込みはこちら
東京② 令和2年11月10日(火)
大阪① 令和2年8月26日(水) ~
令和2年11月26日(木)
令和2年11月30日(月) CIVI研修センター新大阪東
(大阪市東淀川区東中島1-19-4)
大阪② 令和2年12月1日(火)
福岡① 令和2年9月10日(木)~
令和2年12月10日(木)
令和2年12月14日(月) 八重洲博多ビル
(福岡県福岡市博多区博多駅東2-18-30)
令和2年8月3日(月)~
令和2年11月12日(木)

>> お申込みはこちら
福岡② 令和2年12月15日(火)
名古屋① 令和2年10月8日(木)~
令和3年1月8日(金)
令和3年1月14日(木) ウインクあいち
(愛知県名古屋市中村区名駅4丁目4-38)
名古屋② 令和3年1月15日(金)

※ 各会場「第1回」が定員に達した後、「第2回」を予定します。
※ 申込締切日前でも、定員になり次第締め切らせていただきます。ご了承ください。
※ 新型コロナウイルス(COVID-19)感染防止の観点から、集合研修につきましては延期またはLive配信にする可能性があります。変更の際には事前にご案内いたしますので、何卒ご了承ください。
※ 会場は決まり次第掲載するとともに、受講者には改めてご案内いたします。

6 定員、参加費

参加費:補助事業のため受講料は無料となります (交通費、宿泊費等は各自でご手配ご負担ください)

  • ご希望の方には昼食の弁当をお申込み時に申し受けます。研修会受付時に現金1,500円(税込み)をお支払いください(当日領収書を発行いたします。また、釣銭のないようご準備ください。)
  • なお、いずれの会場も飲食の持ち込みは不可となっておりますので、昼食時間(1時間)はお申込みの弁当もしくは近隣飲食店での食事をお願いします。

7 お申込み方法

 お申込みは「5 研修会日程、申込期間等について」の通り開始いたします。申込フォームに必要事項をご記入の上、お申込ください。
 原則、ご受講者は先着順にて決定いたしますが、お申込み多数の際は食品製造業の方を優先させていただくほか、1社(グループ会社含む)より代表の方とさせていただく場合もございますので、予めご了承ください。 受講決定につきましては、お申込内容確認後、順次メールにてお知らせいたします。

 お申込み後の受講会場の変更は致しかねますので、キャンセルのご連絡のうえ、改めてお申込みください。

8 その他

 本研修会は、「HACCPに関する相当程度の知識を持つと認められる者*」(平成9年2月3日付け衛食第31号・衛乳第36号、厚生省生活衛生局食品保健・乳肉衛生課長連盟通知)の要件に対応いたします。

*HACCPに関する相当程度の知識を持つと認められる者
 わが国ではHACCPチームメンバーが持つべき知識として、平成9年2月3日付け衛食第31号・衛乳第36号、厚生省生活衛生局食品保健・乳肉衛生課長連盟通知により、「4 カリキュラム」のような内容の3日間程度の講習会等で学ぶことができるとされています。

9 お問い合わせ先

公益社団法人日本食品衛生協会 公益事業部HACCP事業課
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前2-6-1
TEL:03-3403-2112  メール:jigyouka@jfha.or.jp