アクセス
サイトマップ
文字サイズ
  • 標準
  • 拡大

平成29年度 HACCP指導者養成研修会 開催のご案内

1.趣旨

わが国では食品の安全性の更なる向上を図るため、すべての食品等事業者を対象にHACCPの制度化が予定されており、中小規模層の食品事業者へHACCPの導入推進が求められています。本研修では、HACCP導入を目指す事業者に対して統一的な指導・助言できる人材を育成し、HACCPによる衛生管理の普及を目指します。

なお、HACCP基礎研修、責任者研修については東京サラヤ株式会社にて実施しております。

2.研修内容

1日目 9:30~18:00(予定)【講義、グループ演習・発表・討議】
  HACCP導入事例(一般的衛生管理の指導・助言等)、検証に焦点を当てたHACCPの復習とハザードコントロールに関する講義、危害要因の管理に関する演習など

2日目 9:00~17:00(予定)【講義、グループ演習・発表・討議】
  食品製造現場のウォークスルーに基づくHACCP指導・助言の進め方についての講義、 映像による食品工場のウォークスルーに基づく指導・助言の演習など

3.開催日程および申込締切

開催地 日程 場所 申込期間
東京 平成29年8月28日(月)、29日(火) コンフォート
(東京都港区北青山2-9-16)
http://www.aoyama-comfort.com/
平成29年6月26日(月)~7月26日(水)
定員に達したため、締切ました
大阪 平成29年10月2日(月)、3日(火) マイドーム大阪
(大阪市中央区本町橋2-5)
http://www.mydome.jp/mydomeosaka/
平成29年7月31日(月)~8月31日(木)
定員に達したため、締切ました
福岡 平成29年12月7日(木)、8日(金) 八重洲博多ビル
(福岡市博多区博多駅東2-18-30)
http://www.kyushu-yaesu.co.jp/hall/
平成29年10月2日(月)~11月2日(木)

各会場定員50名(先着順ではありません)

4.対象者および受講資格

  • HACCP責任者養成研修会修了者、またはHACCPに関する相当程度の知識を持つと認められる者でHACCP運用の実務経験者であり、広く食品製造業に対し指導・助言を予定する者
  • 全2日間受講できること(受講者の変更は不可)

※「HACCPに関する相当程度の知識を持つと認められる者」(平成9年2月3日付衛食第31号・衛乳第36号、厚生省生活衛生局食品保健・乳肉衛生課長連盟通知)に該当する講習会

5.参加費用

無料(交通費、宿泊費等は各自でご手配・ご負担ください)
別途、実費として昼食代、情報交換会、コピー機等利用代等10,000円が必要となります。

6.申込方法

参加申込書をメール(jigyouka@jfha.or.jp)もしくはFAX(03-3403-2384)にてお申し込みください。

受講申込書

受講申込書

  • 応募者多数の場合、1会場1社1名でお願いすることや、別紙にご記入いただく「受講目的」および「実務経験年数」等を考慮し、研修会対象者として相応しい方を選考させていただきます。あらかじめご了承下さい。
  • 申込用紙中の「受講目的」につきましては具体的に(3項目ほど)ご記入ください。
  • 申込用紙中の「修了した講習会名」につきましては4に示す「HACCPに関する相当程度の知識を持つと認められる者」の要件を満たすものとします。
  • 受講の決定につきましては申込期日以降にメールまたはFAXにてご案内いたします(先着順ではありません)。

注)当協会では、ご提供をいただいた情報につきまして、適正な管理・利用とその保護に努めています。また、これらの情報は、当協会からの各種及び出版物・共済・試験検査等のご案内等にも使用させていただく場合がありますので、ご了承ください。

7.お問い合わせ先

公益社団法人日本食品衛生協会 公益事業部HACCP事業課(担当:笹原、岡本)
TEL:03-3403-2112 FAX:03-3403-2384
E-mail: jigyouka@jfha.or.jp

8.その他

本研修会を修了された方の中から任意で当協会が実施するHACCP普及指導員制度に登録いただき、HACCP導入施設への指導・助言事業へご協力いただくこととしています。
なお、本研修会は農林水産省補助事業「食品の品質管理体制強化対策事業」を受託した東京サラヤ株式会社より委託を受けて実施いたします。